エアコンの電気代と節約方法

夏や冬に電気代が高くなってしまう原因にエアコンの使用が挙げられます。
快適に過ごすためには使用することが不可欠ですが、少しでも電気代が安くなったらいいですよね。
今回は、以外と知られていない電気代や節約方法についてまとめました。

 

エアコンの電気代の計算方法

他の家電よりもエアコンの電気代はどうしても高いイメージがあります。
実際の所、エアコンの稼働にはどれくらい電気代がかかっているのでしょうか。

 

エアコンの電気代はこちらの計算式で求めることができます。

消費電力(W)÷1000×使用時間(h)×1kWhあたりの電気料金=電気料金(円)

消費電力とは、電化製品を使用する際に消費する電力の事で、単位はワット(W)で記載されます。
エアコンの型式によって異なり、取扱説明書や寸法図に冷房と暖房に必要な消費電力が記載されています。
計算する際には単位をキロワット(kW)に変える必要があり、1キロワット(kW)=1000ワット(W)ですので、計算式では÷1000となっています。

 

電気料金の単位はキロワットアワー(kWh)で記載されます。
1キロワット(kW)の電力を1時間(h)使用したときの電力量を表す単位とされています。
契約している各電力会社によって値段は異なります。電力会社の料金表で、1kWhあたりいくらか、調べることができます。

 

厳密には1時間あたりの消費電力は一定ではないので、この計算式で割り出した電気料金は目安の金額となります。
室内の温度と設定温度の差や部屋の大きさ、天井の高さ、お住まいの地域などが違うと、必要になる消費電力が変わります。

 

また、エアコンにはそれぞれ機種によって期間消費電力量が定められています。
期間消費電力量とは、1年間冷暖房を使用した時にかかる電力量の目安の値です。
取扱説明書やメーカーのホームページで調べることができます。

1年間の電気代は、こちらの計算式で求めることができます。

期間消費電力量×1kWhあたりの電気料金=1年間の電気代

こちらで算出された値も目安の金額となります。
期間消費電力量が低ければ低いほど、そのエアコンの機種は省エネに優れており、電気代が安くなります。
購入する際に確認しておくといいですね。

 

冷房より暖房の方が電気代が高い理由

夏と冬のエアコンの電気代を比べると、冬の電気代のほうが高くなっています。
エアコンは室内の温度を設定した温度に近づけようとして電力を消費しています。
例えば、夏に気温が33度で、冷房を28度に設定した場合の気温差は5度です。
冬に気温が5度で、暖房を20度に設定した場合の気温差は15度です。
冬は夏以上に温度を変化させる必要があるため、その分電力を消費し、電気代も高くなります。

 

エアコンの電気代の節約方法

ここまでエアコンの電気代の仕組みについてお伝えしましたが、他に気になるのは節約方法ではないでしょうか。
ここからはすぐに試せる節約方法を紹介します。

 

設定温度の調整を見直す。

平成17年から始まったクールビズでは、環境省が推奨している冷房時の室内温度の目安が28度となっています。
安全に過ごせる労働環境の上限が28度で省エネにつながるとされています。
冷房の場合、設定温度を1度高くすると、約13%の消費電力の削減になります。
暖房の場合は、1度低くすると約10%の消費電力の削減になるとされています。
たった1度変えるだけで節約になるのなら、やらない手はありませんが、体調に合わせて無理のない範囲で温度を設定しましょう。

 

エアコンの電源を入り切りしすぎないようにする。

エアコンはつけっぱなしのほうが節約になると聞いたことはありませんか?
他の電化製品だとこまめに電源を消したほうが節約になりますが、エアコンは室内の温度と設定温度が離れるほど、大きな電力を消費します。
設定した温度を維持する場合は小さな電力で済むので、こまめに電源を入れたり切ったりするより節約になる場合があります。
少しの時間の買い物やごみ捨てなどで短い時間部屋を離れる場合はつけっぱなしのほうが節約になると言えるでしょう。
外気温と室内の温度にそれほど差がなければ、エアコンを再起動しても電力はあまりかかりません。
時と場合によって、つけっぱなしにするか、再起動するかの判断が必要です。

 

エアコンを使わない時期はコンセントを抜いておく。

夏や冬以外の季節であれば、長期間エアコンを使用しない日が続くのではないでしょうか。
この期間にコンセントが挿したままになっていると、エアコンを使用しなくても電気代がかかってしまいます。
コンセントが挿してある間エアコンには、すぐに使用できるように待機電力という電力がかかっている状態です。
コンセントの位置が届かない場合は、ブレーカーを切ることがおすすめです。
夏のみエアコンを使用し、冬は他の暖房器具で過ごして暖房を使わないという方は、夏以外の時期はコンセントを抜いておくと良いでしょう。

 

風量設定を自動にする。

風量設定には、強弱のほかに自動運転があります。
部屋がまだ暑いのに弱の設定になっていると、設定温度に達するまでに時間がかかり余分に電気代がかかってしまいます。
自動運転では、部屋が涼しくなるまでは強い風、涼しくなってからは弱い風というふうに自動で効率よく風量を調整してくれるので、節約につながります。

 

フィルターの掃除をする。

エアコンのフィルターの目が詰まると、冷暖房の効果が弱まる原因になります。
定期的にフィルターの掃除をして綺麗な状態を維持すると、冷房時で約4%、暖房時で約6%の消費電力の削減につながるとされています。

フィルターは汚れやすく、毎日エアコンを稼働している場合は2週間に1回を目安に掃除を行うのが理想的です。
エアコンは室内の空気を吸い込み、内部で冷やすまたは温めてから空気を出しています。
ということは、部屋のホコリや汚れなども吸い込まれています。
なので、だんだんフィルターに汚れが溜まってきてしまいます。
汚れが蓄積されるとカビの繁殖の原因にもなります。

掃除をする際、フィルターを外すと、ホコリが舞ってしまう可能性があります。
取り外す前にフィルターに掃除機をかけて軽く吸っておきましょう。
フィルターを外してからも掃除機をかけます。
フィルターの裏面から吸うと逆にホコリが詰まってしまうので、正面から吸い取りましょう。
汚れがひどい場は、フィルターを水洗いすると良いでしょう。
掃除機をかけるときとは逆で、裏面から水洗いをするとホコリが詰まりにくくなります。
水洗いしたら乾燥させます。生乾きだとカビの原因になるので、しっかり乾かしてください。

エアコンの機種によって掃除の方法が合異なる場合もあるため、掃除をする前に取扱説明書などを確認しましょう。

 

カーテンや窓を工夫し外からの影響を減らす。

室内が外気から受ける影響を少なくするためにも、カーテンやブラインドを閉めるのがおすすめです。
外気の影響で室内が暑くなったり寒くなるとエアコンの再稼働による温度調節に電力がかかってしまい電気代増加につながる事も・・・

エアコン代を節約し、夏を涼しく過ごすためにグリーンカーテンを作るという手もあります。
グリーンカーテンとは、ゴーヤや朝顔などのつる性の植物をカーテンのように育てたもののことをいいます。
日差しを遮るだけでなく、蒸散(植物の地上部から大気中へ水蒸気が放出される現象)による気化熱(液体が蒸気になるときに吸収する熱)によって温度を下げる効果もあります。
野菜を育てると収穫して食べることもできるので、楽しみが増えますね。
ただし、マンションなどの集合住宅では、近隣の方の迷惑にならないように気をつける必要があります。

また、窓ガラスに断熱シートを貼るという方法もあります。
断熱シートを窓に貼ることで、夏場は外からの熱気を遮断し室内の冷気を逃がしにくくし、冬場は外からの冷気を遮断し室内の暖気を逃がしにくくしてくれるので、冷暖房の効率が上がり、電気代の節約になります。
夏用の断熱シートは、薄いフィルム状のものが多く、窓からの熱を遮断することに特化しています。
冬用の断熱シートは、保温性に優れた空気の層のあるもので、結露を防止してカビの発生を防ぐ効果も期待できます。
どちらの効果も平均的に得られるオールシーズン用の断熱シートもあり、こちらは季節によって張り替える必要がありません。

断熱シートは、種類も豊富で、プライバシー保護の為外から家の中が見えにくくなっているものや、デザイン性の高いもの、防虫効果のあるものもあります。
窓ガラスの種類によっては温度の変化で割れてしまう場合もあるため、購入する前に確認が必要です。

 

室内の空気を循環させる。

冷たい空気は下に、温かい空気は上にたまりやすい特性があります。
冷房使用時は足元が冷たく感じてしまいますが、エアコンは天井の近くに設置されていることが多いため、室内の温度はまだ暑いと判断し大きい力で冷やそうとします。
そこで空気を循環させるために、扇風機やサーキュレーターをエアコンと一緒に使用することがおすすめです。

しかし、扇風機よりもサーキュレーターは聞きなじみがないのではないでしょうか。
サーキュレーターは、扇風機と同じく風を起こす製品です。
人が直接涼をとるために風に当たる扇風機と違い、サーキュレーターは空気を循環させエアコンなどの効果を補助することが目的の製品です。
冷房時はエアコンとは対角線に冷風が落ちる場所に設置します。
暖房時はエアコンから少し離れた部屋の真ん中で真上に向けて設置するか、エアコンの対角線に設置してエアコンに向けて風を送ることで、空気を循環させることができます。
その他、部屋干しの洗濯物の乾燥や換気に使用することもできるので、1台あると年中使えてとても便利なのでおすすめです。

 

エアコンを買い替える。

10年前、15年前のエアコンが故障していなければ、長く使用されることもあると思います。
しかし、電気代のことを考えるとエアコンの買い替えの検討をおすすめします。
と言うのも、最新の省エネ機能の搭載された機種に替えたほうが電気代が安くなるからです。
エアコンの寿命は10~15年と言われており、ルームエアコンの平均使用年数は13~15年でそのうち約7割が故障を理由に買い替えています。
お使いのエアコンにもよりますが、最新機種と比較して明らかに電気代の差がある場合は、買い替えの検討をするのも1つの手です。

 

 

PAGE TOP