【エアコンからのポコポコ音とは】

皆様はご存知でしょうか?

エアコンを使用していないのに、エアコンの近くからポコポコと音がする事がある事を・・・

 

え?何?怪奇現象?(; ・`д・´)

 

もちろん、そんなわけは無く

この音の原因は、ドレンホース(室内機で発生した水を排水するホース)が空気の通り道になっているから、ということが主な原因です。ドアや窓を閉め切っていたり、気密性の高いマンションの場合は、家の中と外を行き来する空気の通り道が少なく、室内と室外をつないでいるドレンホースが空気の通り道となってしまうことがあります。その空気の流れがポコポコ音の正体というわけです。

さてこのポコポコ音ですが、防ぐにはどうすればいいかと言いますと、対処法は2つあります。

 

  • 窓を開ける。
    窓から空気が出入りすることで、室外と室内の気圧の差がなくなり、ドレンホースの中を空気が通らなくなります。

 

  • 換気扇を止める。
    換気扇が室内の空気を外に出してしまい、外の空気がドレンホースから取り込まれ、ポコポコ音の原因になります。

 

これらの方法は一時的な対応になるので、根本的な解決にはなりません。ドレンホースが空気の通り道になってポコポコ音が発生している場合、エアカットバルブ(後述)を取り付ける事でポコポコ音は解消する事が出来ます。


【エアカットバルブとは?】

エアカットバルブは、逆止弁とも呼ばれ、ドレンホース内の逆流する空気を塞ぐ部材です。ドレンホースはエアコンの室内機から出た水を外に排出するためのものです。ドレンホース内のエアカットバルブは、水が落ちたときだけ弁が開くようになっています。弁が開くことで空気の逆流を止めて、ポコポコ音を抑えることができます。エアカットバルブをつけると、ドレンホースからの虫の侵入も防ぐことができます。

エアカットバルブは、ドレンホースの垂直の部分に設置します。ドレンホースの先をハサミで切り、切断した部分にエアカットバルブを差し込み、結合部をビニールテープで養生します。


【エアカットバルブのデメリット】

取り付けていると、エアカットバルブ内に結露水とともに外へ排出されるホコリなどのゴミが溜まってしまうことがあります。ゴミが溜まったままで長年設置していると、水の排出がうまく行われず、室内機からの水漏れの原因になります。取外して掃除し、再度取り付ける必要があります。


 

 

と、今回はポコポコ音とエアカットバルブについてでした!

エアカットバルブはホームセンター等で購入できますので、気になる方は購入して取り付けてみてはいかがでしょうか?
もちろん、当店にご依頼頂く事も可能ですので「ポコポコ音かな?」と思った際はお気軽にご相談ください(^▽^)/

PAGE TOP